実家の母が「お腹が痛い」というので
病院に行ったら腎結石らしい、と診断されました。
幸い小さな石が外に出てきて一件落着。
ここ十数年は発症していませんが、私も若い頃
結石にずいぶん苦しめられました。

初めて結石の痛みに襲われたのはカナダに
ホームステイしていた大学生の頃。
明け方から背中の重く鈍い痛みが急に
激痛に変わって死ぬかと思いました・・

幸いホームステイ先の奥様が看護婦さんで、
「これは結石に違いない」と勤め先のに運んで
くれたので、すぐに治療を受けられましたが
海外で入院する心細さといったら・・・
おまけにその病院で点滴の針を手の甲に打たれて
痛いのなんのって・・・なんで普通に腕に刺して
くれないの?と訊ねたら「ここの血管が一番
分かりやすいから」
さすが外国。でもパラグアイよりはマシか。

それからです、ほぼ毎年結石の激痛に襲われる
ようになったのは
あの痛さといったらそれはもう、口では言い表せ
ませんよ。
どれだけすごい痛みか・・・それは経験者しか
分からない・・・と言いつつ次回に続く。