アルパ&モモコの日記

南米の民族楽器「アルパ」(ハープ)を演奏、教えています。 愛娘犬のちっちゃいプードル、モモコの日記も親バカ全開中!

最悪の航空会社TAM

昨日からの続き。
何が何だかわからずとりあえずロンドンに向かった私達。
ところが!なんとこの便も三時間以上出発が遅れる始末。
本当にTAMはどうしようもない、何故普通に飛べない??
乗り継ぎ時間は五時間、三時間遅れると二時間、私達は
着いたらすぐ全日空のカウンターへ行って手続きを
しなくてはいけないので、これはもうギリギリ・・・

結局到着予定を三時間以上過ぎたので、TAMの係員に
「これで乗り継げなかったらホテルと次の日のフライト
とってくださいね」と言ったらトンデモナイ返事がっ怒り
「ロンドンにはTAMのオフィスがないから一切
なんの保障も助けもできません」「!!!!!!」
ハァ??怒るそんなの国際航空法(だっけ?)で
決められてるじゃない!ありえない!
アァァァァもう最悪、イヤな予感しまくりの私。

そして到着後、他の乗客を押しのけ全日空の
カウンターに飛んでいった私達に無情な言葉が・・・
「お客様のお名前ではご予約はいただいておりません」
「!!!!!困った!!!!!ショック
この時ばかりはまさに目の前が真っ暗、という
言葉通りの状態になったのでした。

全日空のロンドン発成田便を取ってくれたのは
デルタ航空でしたが、その肝心なデルタ航空の
カウンターはなんとロンドンのヒースロー空港から
車で一時間半以上もかかるガトイック空港内・・
もうダメだ・・・本当に日本に帰れなくなる・・と
あまりに悲惨な私達を見て同情してくれた
全日空が「何かオンライン上のミスのようなので
私共で予約を入れます。ただ明日、明後日は満席で
キャンセル待ちのリストに、最悪でも水曜日の
便に予約を入れて帰れるようにいたします」と
おっしゃる?鐘ああ?これでどんなに最悪でも
水曜日には出発できるぅぅ(この時点ではまだ
日曜日・・)

全日空様、本当に御社は素晴らしい拍手
日本人は本当に素晴らしいクラッカー

ハッ、でもここは真冬のロンドン。私達は真夏の
格好で所持金も日本円で現金一万円ちょっと。
スーツケースはもちろん紛失したまま出てこない。
スペイン語ももはや通じない・・・
私達の運命はどうなってしまうのでしょう。
続きはまた明日。

TAMメルコスール航空は最悪!!

どうにか無事に帰国できてホッとしたのか昨夜は
爆睡ZZZでした。一夜あけても全然怒りが収まらない。
何故16日にパラグアイを出発したのに日本着が20日に
なったのか、それはすべてTAMメルコスール航空の
せい。(パラグアイ、ブラジル、ウルグアイなどで
共同運航飛行機されている会社で多分皆さんほとんど
ご存知ないと思います)

最初にパラグアイ出発が一時間以上も遅れたのが
悪夢の始まり。
こういう遅れはよくあることなのですが、乗り換え地の
サンパウロで次の便のデルタ航空、アトランタ行きに
乗り継ぎがアウト。(人は間に合ったのに荷物が
間に合わないから乗せてもらえませんでした)
アスンシオンの空港で「乗り継ぎの時間がないけど
大丈夫か?と何度も聞いた私に「ちゃんと連絡をしたから
待っててくれます」答えたTAM、これウソ?。
おまけにサンパウロ空港でスーツケースも見当たらない。

当然メルコスール航空に猛烈抗議して、スーツケースを
見つける約束をさせ(ウソ?)、その日の一泊のホテルと
食事、交通費を全てもってもらい、次の日の同じ
デルタの便に予約を入れてもらいました。(ウソ?)
(念のためブラジルビザを取っておいたのが幸いでした)
がっ!!なんと次の日デルタのカウンターに行ったら
「予約なんて入っていませんよ」と言われたのです困った
証明書をみせたら「これはウソの紙ですね・・・」
メルコスール航空め?怒ると怒り狂ってカウンターに
向かったらアチコチたらいまわしにされ、しまいには
担当者が逃げてしまう始末。
あまりのヒドさにデルタの人もあきれて、私たちと
一緒に「オマエらはウソつきだ」と抗議。
結局スーツケースも見つからなくて大ピ?ンチ。

振り替え便を取る義務を放棄されて途方に暮れている
私たちを救ってくれたのがデルタ航空飛行機でした。
さらに運悪く、ニューヨークでの豪雪雪でアメリカの便が
どこも満席になってしまって当日キャンセル待ちもダメ。
なので、ロンドンに行き、全日空で成田に向かう便を
取ったくれたのです。ただ一抹の不安が・・・それは
サンパウロからロンドンまではまたメルコスール航空を
使わねば・・またこれに乗るくらいならサンパウロで
おとなしく何日かキャンセル待ちをしていれば
良かったと思ったのは後の祭り。

とりあえず一日遅れで日本に帰る望みにかけ
スーツケースは何かの間違いで日本に届いている
事を願って、真夏のサンパウロから真冬のロンドンに
向かった私と生徒Iさん。

さらに続く悲劇はまた明日・・・

帰国しました

泣くというより何とか帰国できました。今回の岐路は
本当に地獄!の一言でした。何もかも、TAM
メルコスール航空の無責任極まりない怒る対応のせいで
本当に帰国できなくなるかも、というピンチに
陥りました・・・実は18日の日曜日の午後に帰国
予定だったはすが、なんと今日の午後五時に到着。
アスンシオンを出発したのが16日だったので
日本の地を踏むまでに5日!!近くかかりました。
さすがの私も今回はメゲました・・・

予定ではアスンシオン?サンパウロ(ブラジル)?
アトランタ(アメリカ)?成田の順番でしたが
何故かサンパウロで一泊させられた後、ロンドン!!!
のヒースロー空港に行かされ(常夏の南米から雪のロンドン、
酷過ぎです)、ロンドンでも一泊・・・キャンセル待ちで
奇跡的に出発の一時間前に全日空の成田行きに
ほとんどお情けで乗せてもらえたというトンでもない
ことになってしまいました。

元気に帰国はできましたが精神的ダメージが
強すぎて今日は詳しくは書けません・・・
続きは明日。ただ一言だけ、TAMメルコスール航空は
最悪です。国際線を飛ばすノウハウが無いなら
参入してくるなぁ!!
プロフィール

arpamomo

月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ